精 練 工 程

縮緬の原料である生糸は、セリシンとフィブロインからなるタンパク繊維です。セリシンは製織工程などでは重要な役割を果たしていますが、これからの加工(染色、風合い)においては、むしろ不必要になります。精練とは不純物を除くとありますが、縮緬の精練はセリシンを溶落することが目的です。元来縮緬の緯糸には強い撚りがかけられているため、約40~60%の撚縮みがあります。この生機を精練液(アルカリ石鹸)で煮沸することによってセリシンは溶解するとともに、撚り糸は元の状態に戻ろうとします。ところが経糸にガッチリとガードされていて、伸びる場所がなく経糸空間より出ようとし、このことによってシボが形成されます。撚糸方法や織物規格等によってシボの形状や大きさ等変化させることができ、多種類の縮緬ができています。

5. 本 練 り

本練り写真1  
本練り写真2 高圧缶1.5m3、アルカリ石鹸   ph10.0、温度120℃、時間60分~90分で行います。
本練り写真3 精練に使用する薬品は炭酸ソーダ、重曹、石鹸等が主で使われます。現在の高圧練りは、完全な機械管理であるため従来のような作業者の個人差は生じません。しかし第一種圧力容器故に計器の目視管理は欠かすことはできません。




彩りが映える最高級白生地
浜縮緬工業協同組合

浜工 登録印章